MENU

News Releaseニュースリリース

Buddy Net「第6回 IoT/M2M展 春」にて「サービス業1万店の声から作った IoT・センサー Flow-Cockpitで変わる本部の生産性」と題して講演

株式会社バディネットは、トリノ・ガーデン株式会社と共催で2017年5月10日(水)~12(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される「第6回 IoT M2M展 春」のニフティIoTデザインセンター内で講演を行います。

■開催概要
名称:第6回 IoT/M2M展 春
会期:2017年5月10日(水)~12(金)
開場:東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
詳細:http://www.m2m-expo.jp/

■セッション概要
日時:2017年5月10日(水)~12(金)15:40~16:05
会場:西3・4ホール ニフティIoTデザインセンター内
出展ブース:西13-5(※西3ホール入口を入ってすぐのところにあるブースです)
参加費用:無料(事前登録制)
参加申込み:招待券請求(無料)
講演者:株式会社バディネット 代表取締役 堀礼一郎 / トリノ・ガーデン株式会社 代表取締役 中谷一郎
タイトル:サービス業1万店の声から作った IoT・センサー「Flow-Cockpit」で変わる本部の生産性
・センサー導入で、本部の残業時間はこう変わる
・IoT導入で本部の業務プロセスのどこが改善されるのか
・出店判断/価格変更の判断を誤らないIoT活用方法
・10,000店の相談から生まれたIoTツール「Flow-Cockpit」
・IoTを活用したサービス業の生産性向上事例(ホテル、飲食、小売業、商業施設)
・IoTを活用したサービス業の業績改善事例、先端活用事例
・IoT・センサーと、今後のビジネスの可能性
※講演内容は変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げます。